読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は 曇り空なのである・・・

そろそろ 海にも入れる潮周りになるので
晴れてほしいんだけどなぁ・・・

さて 多良間島に向けての準備で
色々 購入(楽天ポイント)しているのだが

まずは 飛行機に乗る時に
いくら 海に行く感覚だからって
島ぞうり(便所ぞうり)で搭乗するのもナンなので
クロックスのサンダルを手に入れた・・・

また いつもの海なら 時間を気にしなくても大丈夫なので
時計を持っていないのだが
多良間島では 飛行機に乗って帰ってこないといけないので
海に持って入れる安物の時計を手に入れた・・・

多良間島でもタコ漁をするつもりなので
地元のスーパーで発泡スチロールを貰って その中に獲物を入れ
それを密封する為のテープを購入した

タコ獲りの道具を運ぶ為に 獲物入れ用救命浮き環を
折りたたみ自転車を運ぶケースに入れるようにした

それと タコを突くヤスやギャフは
竿ケースに入れて運ぶつもりである・・・

それに 素潜りの道具を入れるリュックサック型のバックを
購入したりして 

とりあえず これで 行く準備はできたので
多良間島 初上陸は GW明けくらいを予定しております・・・

 

 

宮古島は曇り空で
東側の海岸は大荒れになっているので
今日は釣りに行ってきたのである・・・

しかし 最近は 全然 釣れないので
少し場所を移動して竿を出してみたのだ・・・

すると 一投目で 糸フケをとっていると
いきなり竿が曲がって あ~っ!と大声で叫んでしまった・・・
(近状にいた人も さぞビックリしただろう・・・)

とにかく 年甲斐も無く? 大声で叫んでしまった事も恥ずかしかったが
仕掛けから全部なくなっていたのである・・・

これは フグか?カワハギの大物か?と思ってしまったが
その後は 何も釣れなくなってしまったのだ・・・

そして その1時間後には また 同じようなアタリが来たので
今度こそ!と思って会わせたら
上がってきたのは 1kgオーバーもありそうな 大型のフグだったのである

あ~ぁ・・・やっぱりフグだ・・・
また 他に釣れるのはウツボとかで 
とても食べられる代物ではなかったのだ

大浦漁港・第一埠頭・漁協前と 色々 釣り場を変えてきたが
もぅ ここもダメなのかなぁ・・・?

さて 仕入れをして店に入ると 
店の電話に我が家のダース・ベーダーから電話が入ったので
何事か?と思って心配したら
サンエーから電話が入っていると言うではないか・・・

どうしたんだろう?と考えたら
あ~~~っ! 財布が入ってない・・・

急いで 取りに戻って 財布は無事だったので
安心して店に帰ったら また 我が家のダース・ベーダーから
電話が入ったので 今度こそ 何かあったと思ったら
今度は 銀行から電話があったと言うではないか・・・

ワシは 昨日 銀行強盗をした覚えも無いので
どうしたんだろう?と またまた 銀行に電話を返したら
昨日の通帳は渡したでしょうか?・・・だって

はぁ~?・・・????? と思ったが
今日は 電話に振り回される日だったのである・・・

 

 

宮古島は まぁ~た 寒くなってしまった・・・

4月になったというのに
まだ 寒かったり 暑かったりである・・・

さて いつものように 犬の散歩で真謝海岸に行くと
レンタカーが4台も停まっていて 帰るところだった・・・

そこに 犬を下ろして 停めてある車の間を通り抜けて
ワシも海岸に行こうとすると 後ろから
「おっ・・・亀仙人」と言っている人がいたのだ・・・

確かに 杖を持って 亀仙人のTシャツを着ていたから
亀仙人と言われてもしかたがないのだが

チョット 嬉しかったりするのだ・・・ふぉ~ふぉふぉ

さてさて 庭では 花達が元気に新芽を出し 花を咲かせてきたが
昨日まで 新芽が出ていたのに枯れているので
何でかな?と思って見たら

あ~~っ!
早くも 灰色をした何かの幼虫が ビッシリ出現して
葉を食べているではないか!

てめ~ この~ ゆ 許せん・・・とばかりに
毛虫退治のスプレーを浴びせかけてみたら
ボトボト落ちていったのだ・・・

しかし クロトンの新芽まで食べるとはなぁ・・・
葉っぱなら何でも良いのかぁ?

この幼虫は 去年までは トウワタの葉を食べていたんだが
今年は 庭のトウワタを処分したので クロトンについたのかもしれない

さぁ~ いよいよ これからは
ケムシやイモムシとの戦いが始まるのである・・・

 

宮古島は曇り空になり
風も北向きに変わったのである・・・

すると 少し涼しげな風が吹いていると思ったら
暑いのは まだ 暑いのだった・・・

さて 連日のように 多良間島の話を書いているが
昨夜も また 
「そんな事なら 今日 多良間に行ってみる」と言った
お客様がいらしたのである・・・

どうして こぅ ワシが話すと行きたくなるんだろう?
こんな事なら ワシは 多良間島観光大使になれそうだ・・・

あまり話すと みんな多良間島に行ってしまうから
ナイショにしておいた方が良いのかなぁ?

・・・まぁ そんなんで 本日は市役所に
離島住民割引運賃カードの更新に行ってきたのだ

これは 急な用事の時に 飛行機運賃が割引される
離島住民の為の制度なのである

んで 新しくなったカードを見たら
何と 多良間島への便は 除外されているではないか!

ええ~~っ!
これじゃぁ 意味が無いじゃないか~!
こんなんじゃ 宮古島の人は多良間島に行かないぞ~・・・

役所が混んでいて 待ち時間が長くて ウンザリしていたのに
それが まったく無意味な結果となってしまったのであ~る・・・

 

宮古島は 気温28℃になり
夏のような暑さとなったのである・・・

また 南風が強風で
沖の方は白波が立っているのだ・・・

まぁ 今は大潮なので 素潜りには行かないから
晴れていても海には入らないのである・・・

さて 最近は店の中で お客様に
多良間島の話をする機会が増えたのだが

昨夜も 2組のお客様が
それなら 今週末に 多良間島に行ってくる・・・とか

来月に来た時に 多良間島に行くようにする・・・とか

ワシの話で そんなに興味を持って
行きたくなるものなのか~?・・・と 思うのである

それも 私がまだ行っていないのに
ワシよりも先に行くって~のは
ズルイぞ~!

ワシ自信が早く行きたくて ウズウズしているのに
んじゃ チョット行ってくる・・・みたいに行動できるのが羨ましい・・・

ワシも いつもの海に出かける感覚で
多良間島に行けるようになりたいと思っているが
それにしても 準備がいるのだ・・・

また 飛行機での日帰り料金と
船に乗って一泊してくる料金が同じくらいなので

これは やっぱり 後々は
船に乗って一泊パターンが理想的だと思うのだ・・・

そうなると 夜の漁もできるので
イセエビの収穫なども望まれるしな・・・

あ~ ワシも早く行きたい!

宮古島は 曇っているが
暑いのは暑いんである・・・

今は大潮なので 素潜りのタコ獲りには行けないが
漁り(いざり)のタコ獲りは行けると思うのだ・・・

実は昨夜 常連さんといらしたお客様が
釣りの餌にするタコが欲しいという話をされて

これが まさに 漁り(いざり)で獲れる
宮古島の方言名でシガヤ~(学名シマダコ)※島ダコではない!が
欲しいそうなのである・・・

ワシは 昼間獲っている 通称 島ダコ(学名ワモンダコ)は
取引先のお店によって 卸すサイズが違っていて

その日に 獲れたタコのサイズによって 
全部 行き先が決まっているのだ・・・

そこに 新たに シガヤーのタコも加われば
ワシは まさに タコ獲りマスターになってしまうのである・・・

ちなみに このシガヤーの方が 柔らかくて美味しいので
獲った時にはワシが食べるほどである・・・

さて 多良間島に移動するために
タコ獲りの道具をどのようにして飛行機(または船)に乗せるか?
考えているんだが

何だか 新しく始める事に対して
色々と考えているのが楽しくってさぁ~

宮古島に移住する前の頃みたいで
ワクワクしてくるよっ!

昨夜 一昨日から来ていた遠距離常連さんが
ワシの多良間島の話を聞いて
昨日 船に乗って多良間島に行ってきたんだそうだ・・・

話をして 翌日に 行ってしまう行動力も凄いが
海が好きで行ったワケでもない・・・

そして 多良間島の滞在時間は たった3時間しかなかったのに
それでも 相当 楽しかったそうである・・・

まず 港に着いたら誰もいなくて
レンタカーの業者も 来ていないらしい(乗客は5名だけ)

しかたがないから とりあえず町まで歩いていくと
大型トラックの運転手が車に乗せてくれたそうだ・・・

その後 商店に下ろされて 買い物をしたら
そこのオバぁが 自転車を貸してくれたので
それに乗って街中に出た・・・

スーパーに寄ると 珍しそうに
みんなが 何しにきたの?感覚で
その人を見ていたらしい・・・

そして 海岸にも寄って(海にも入らず)自転車を返して
また港まで歩いていたら 通りすがりの女性の軽トラの人が
港まで送ってくれたんだそうだ・・・

これぞ まさに 宮古島の昔である!

ワシも 知らない人に「乗せてけ~」と言われて
色々な場所で3人くらい乗せたことがあったけなぁ・・・

さて 今日は 久しぶりに釣りに行ってきたんだが
まったく アタリもなく こんなボ~ズは始めてだ・・・

そして 餌には 全部 藻が絡んできていたのだ・・・

つまり 海底は藻だらけで 
釣りには良くない状況になっているのではなかろうか?

まるで 内地の海岸のように 藻が打ち上げられるようになったら
ますます 海は悪くなってくるのだ・・・

やっぱ 多良間かな?