読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は 本日も快晴で
海は大荒れなんである・・・

はぁ~ マイッタ!マイッタ!

海岸から 海を見ると
今まで 濁っていたのが 透明度は良くなっていたから
少しは海中の様子も違っているのかもしれないな・・・

さて 昨日 庭にいると 台所から
狂ったような叫び声がしたのである!

何事か?と思って様子を見に行くと
電子レンジに使う 陶器のターンテーブルが割れているではないか!

そして 次には 
「この~! 風(猫)~!」「何だコレは!」と
罵声が外まで聞こえるのだ・・・

それを聞いた ビター(犬)なんか
自分が怒られているワケじゃぁないのに ビビッてしまって
さっきまで食べていた オヤツのジャーキーを落として
その場に立ち竦み ブルブル震えているのだった・・・

その横で ワシも 固まっていたが
その後は 他の犬達と一緒に 丸くなって震えていたのだ・・・

怖いだろ~? ひそひそ・・・
お前達も 何かやらかしたら 同じ目に合うんだぞ~・・・ひそひそ
と 小さな声で話し合っていたのである

しかし 風のヤツは 先日も仏器膳を落として割ったばかりなのに
1週間もしないうちに 次の悪さをして怒られているのだ・・・

まったくもって 問題児!
上に置いてある物は ことごとく落とされ
小物は 何処かに隠されてしまうのである・・・

本当に ロクでもない猫なのであ~る