読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

THINKは昨夜も 土曜日だというのに暇で
11時には誰も店内にいなかったので
洗い物のバイトは先に帰して
11時20分くらいには CLOSEの看板を出そうとしたら
何と 3組 10名のお客様が
5分の間に入ってきたのである・・・

当店の ラストオーダーは11時30分だから
まぁ イイっちゅやぁ~ 良いんだが
マイッタぜ・・・

この ほんの数分で一気に疲れてしまい
晩飯を作るのも ど~でもよくなってしまったじゃないか・・・

さて 本日の宮古島は天気が悪く
時々 雨が降る状態である・・・

こんなんじゃ 何も出来ないので
家では 主婦は大変なんでごぜ~ますのよ・・・おほほ~ をしておった

洗濯や掃除を一気に済ませ
その後 台所で食事の準備をしようとして まな板を取り出すと
表面に何か動く物が・・・

あ”~~~~っ!見えないアリだぁ~!

見えているのに 見えないアリというのも 変な話だが
このアリは 体長1mm程度の 細いアリで
老眼のワシには メガネを外してやっと見える大きさなのだ・・・

それが ビッシリ着いているので
水で洗い流し 雑巾で拭こうとしたら
何やら 指に上ってくるものが・・・

あ”~~~~っ!雑巾にも 見えないアリだぁ~! 

つまり 台所中には見えないアリがいっぱいいて
全然 見えずに作業をしているから ワシに移り 
時々 身体を這っているのだ

んでもって 時々 刺されて
何で身体のこんな場所が刺されているんだ?なんて思っていたんだが
原因はアリである!

ワシは 蚊とアリは 大嫌いなんだからな・・・