読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は とてもイイ天気で
本当に申し訳ないのである・・・!

昨夜は 接待・漁り(いざり)に行く為
11時に早仕舞いするので 店内に7名いるお客様を帰して
ウヒヒ・・・と 出掛けてきたのだ・・・

昨夜は 素ン晴しい月夜で 夜でも明るい!明るい!
風も無く まさに 絶好の漁り日和となったのである

しかし 月夜のエビは 砂に隠れているから
数は少ないが 逆に月夜は タコが多くなるのだ・・・

漁りで獲るタコは 昼に獲るワモンダコとは違って
通称「アナダコ」 和名シマダコ?だと思うのである

大きさや 形も 違っていて
ワシは このタコの方が 柔らかくて美味しいと思う・・・
んで 獲れた数は7匹で 1kg近くあったんじゃなかろうか・・・?

あまりに 気持ちが良いので ついつい夢中になってしまうが
すっかり時間が遅くなっていたのである・・・

さてさて 本日は 商工会議所の主催で
宮古島の業者との商品説明会などが行われていたので
ちょっと 考える事があって出席したのだが
ワシが会いたかった業者の人は 無断欠席?して来なかったのである

主席者のほとんどは 飲食店などの人達で
業者は新しい加工食品を紹介したりするので
ワシの仕事には 関係ない話で
まったく もぅ~ 何しに行ったのか分からないのだった・・・

もぅ 宮古島には 何も求めないからな!