読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は 太陽が出て暖かく感じるのだ・・・

海にも入れそうな感じだったが
今日は店の仕入れが沢山あって
断念したのである・・・

そして 仕入れのついでに 店で食べるオヤツのパンを買って
店のオシボリや道具と一緒に置いていたら

何と! まぁ~た 風(猫)のヤツが
ビニール袋を破って パンを齧った痕が見つかったのだ・・・

また 台所のゴミ袋に入っていた “小魚アーモンド”の袋を取り出して
残りカスを舐めていた形跡も見つかったのである・・・

もぅ~ 怒ったかんね・・・!

逃げ惑う風を風呂場に追い詰めて 首根っこを抑えて
ビニール袋を鼻に押し付けて
「テメ~何やってんだ!コノ~ッ!」っと バシバシ頭を殴っていたら

風も負けじと 手首を噛んでくるので
ワシも感情的になって さらに バシバシやって修羅場と化したのである

これで 同じ事が何回目になるのか?覚えていないくらい
ビニール袋の中身を食べる事件が発生しているのに
それを スッカリと忘れて  油断しているのも悪いかなぁ・・・?

ワシも 若い頃は ビニ本のお世話になった事もあるので
ビニールには 惹かれる気持ちは分からないでもないが
困ったものである・・・