読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は チョ~快晴の
気持ちン良かぁ~・・・な 天気なのである!

それなのに まだ海は荒れているので
ワシは入らないでいるのだ・・・

しかし その中を 観光客は泳いでいて
しかも スプリング使用の半袖・半パンツの水着で入ってんだぜ・・・

考えられん!
まったく 観光客って~ヤツぁ~・・・もぅ~

さて 本日も芝張りの準備で 整地をしていたのである

ワシの作業は 適当~なので
チャチャっと 地面を均して その上に芝のシートを置いて
目土を入れる・・・だけである

本来なら 小石や雑草を抜いたり 地面を平らにしたり
時期的には春頃が良く・・・とか 色々と書かれているが

おま ここは宮古島だぞ・・・
そんなもの 芝を置いておけば 勝手に生えてくる!って~の

我が家の表庭の芝生だって あ~だ・こ~だと言われていたが
結局 元気に全部生え揃ったじゃないか・・・

海岸の芝生だって 誰も整備しないのに 力強く育っているぞ!

んな 過保護に育てなくても 宮古島の芝生はノビノビと生きていくさ~
・・・と 勝手に決め付けて 簡単に作業も済ませて 
これで  約半分くらい終わったのだ

確かに 時期的には これから寒い時期に入るので
冬の間は乗り越えてもらわないといけないのだが
春になったら きっと伸びてくるさぁ~・・・である!