読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は 春のような日差しになって
気温も25℃くらいにまで上がったのである・・・

しかし 東側の海岸は風が強くて
海は大荒れなんである・・・

そんなワケで 最近 庭仕事ばかりだし
今日は 久しぶりに 釣りへ行く事にしたのだ・・・

んで 車で風を避けながら 暖かい日差しの中にいたんだが
暑いくらいになって 日焼けしたかもしれないな?

さて 今回の釣りは どういうコトか?入れ食い状態で
新しい餌の交換で 忙しい忙しい・・・

でも 向かい側にいる数人の釣り人は
誰も釣れている様子が無いのだ・・・

ところが ワシの方は パカパカ釣れているんだが
いかんせん サイズが 全~部 
中途半端な 18cmとか 19cmくらいの20cm弱で
とても 持って帰る気にはならないのである

だから 1時間チョットで 島エビの餌が無くなってしまい
仕方が無いから 漁り(いざり)で島エビを獲っている時に
沢山いるキビナゴみたいな魚をつけてみたら
これでも 釣れるのだった・・・

とにかく 今日は やたらと食い気があり
何でも釣れるようだ・・・(何で向かいの釣り人は釣れていないんだろう?)

結局・・・ 釣れるのはイイが 大物は釣れないから
全部リリースして ボ~ズと同じことなんだが 
釣りは楽しめたかな・・・?