読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

昨夜は 漁り(いざり)へ出掛ける為
11時に閉店させていただきます・・・の張り紙をして
10時30分には海に向かっていたのである

今は 深月に向かう月で 風も無いので
まさに 絶好の漁り日和となったのだ・・・

漁りに出たのも 久しぶりで
チョット 期待をしながら 海に入ったのである・・・

すると 目の前には 無数の小さな虫が
ヘッドライトの光に集まってきて
先が霞むほどの数の多さなのだ・・・

それが 何の虫なのか?分からないが
鼻の穴にも 耳の穴にも入ってきて
あ~ うるさい!うるさい! 何て~モンじゃないのだ・・・

しかし エビは先月よりも 2倍くらい大きくなっていて
あっという間に 大漁になったのである!

このサイズなら 年末の年越しソバに使おうか?と思ったら
我が家のダースベーダー
「もっと 大きなエビじゃなきゃ嫌だ」と言われてしまったのだ
(まぁ~ なんて 贅沢な話ざんしょ・・・)

さて 今日は 昨日とは大違いの
北風ビュ~ビュ~の とても寒い日となってしまったのである
(昨夜 漁りに行っといてヨカッタぜ~・・・)

こんな日は 何も出来ないから
家の中で カビ掃除をしておったのだ・・・

明日も天気が悪そうなので
つまんね~の・・・