読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島の天気予報では
今日は晴れ間が出てくる・・・になっていたので
釣りに行く事にしたのである

しかし 1時を過ぎても 
一向に晴れてくる様子も無いのだ・・・

そんでもって 少し肌寒いので
風を避けながらやっていたが
やっぱり アタリも何もないのである・・・

ワシの今までの経験では
ど~も 天気の悪い日は 釣れない日が多いような気がする

桟橋の上から海の中を覗いても 小魚も見えないので
魚はいないのかなぁ~・・・と思って 餌を投げてみたら
底の方から 沢山の熱帯魚が上がってくるではないか!

つまり 海面は冷たくて寒いから
暖かい底の方にジッとしていると思われるのだ・・・

だから 餌を探して回遊しているのではなく
動かないでいるから なかなか 釣れないのではなかろうか?
(目の前に餌が落ちたら 食べに来るだろうが)

とにかく 晴れた日と そうじゃない日の釣れ具合が全然違う!
たとえ雑魚でも 活性化している時のほうが楽しいのだ

でも 持って帰りたくなるような 美味しい魚ならイイのだが
そうでも無いと 釣れても嬉しくないし 贅沢な話である・・・

まぁ それでも 毎日 野暮用や 花の世話ばかりじゃツマンナイし
出掛ける事は良いコトなのであ~る・・・