読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は晴れ間が出て
Tシャツで過ごせるくらいに 暖かくなったのである・・・

気温は 20℃を下回っているようだが
風が当たらない場所だと 暑いくらいなのだ・・・

さて 今日も 勝手に生えてきたツンベルギアを
塀の方に移植したり インパチェンス移植したりしていると

物置を設置する業者が 突然やってきたのである・・・

先週 なかなか連絡が来ないので 催促の電話を入れ
業者の確認をとったら 電話を返します!と言って
その後 何の連絡も無かったのに 今日 突然やってきたのである
 
もぅ これが宮古島だから どうでもイイや・・・と思っていたところだったが
どうやら ヤル気になったようだ・・・

んで まずは 物置のパーツを下ろしていたんだが

あーーーっ! その場所は たった今 ワシが
ツンベルギアを移植した場所だ・・・ううっ(泣)

何という 大雑把な仕事! 周りを確認しろよ~・・・
テキト~でも完成すればイイのだな?

そして 一人は見習いだったのか 何かぎこちなくて
物置の中につける棚を落として 底が凹んでしまった・・・

いやぁ~ 色々とやってくれるが
とりあえず 設置されたので 文句は言いません・・・

これが 宮古島