読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『島からの便り』by亀仙人・宮古島

昼は漁師 夜はバーテンダー

宮古島は 今日も天気が悪くて
雨が降っているのである・・・

こんな日は 部屋で これから着るアロハシャツの
アイロンがけをしていたのだ・・・

その数 10着以上・・・
実に 一時間以上も作業をしていたのである・・・

だから アロハシャツも ワイシャツのように
形状記憶になっていてくれたら 洗濯もラクなのになぁ

ワシも くたびれたジジィだから
ヨレヨレのシャツの方が似合うかもしれないが

海ではボロボロで 町ではシャキッとしたスタイルの方が
良いかな?と思っているのだ・・・

さて GWに向けてのフルーツなどを買い物に行く途中
すれ違う車が ミョ~に 早いスピードで走っているのである・・・

宮古島は 時速30kmの運転が多かったのに
最近では やたら 早く走る車が増えているような気がする・・・

これは 宮古島が都会化してきた事と関係があるのだろうか?

オジィの車は 相変わらずゆっくりだが
若い人達の運転する車が 早いのだ・・・

宮古島では 時間も守らなくてもイイくらいの生活なのに
何故 早く走る必用があるのだろう?

忙しなく走る姿は まるで 余裕が無く
ジタバタしているようにも見えるのだ・・・

観光のお客様も増えて 宮古島は人が多くなるのは良いとしても
急ぐ必要はなかろう?

ますます 昔の宮古島の方が良かったなぁ~・・・と 思ってしまうのであ~る